慰謝料の額が変わる

未分類 0 Comments

交通事故で弁護士をお願いすることで慰謝料の額が変わることがあるのはどうしてでしょうか。これは保険会社と弁護士では立場が変わってくるっということがあります。被害者となって保険会社にお願いする場合、保険会社は中立の立場にあると考えている人も多いのではないかと思いますが、実際には慰謝料などは保険会社が支払いを行うことになりますから、単純に考えると保険会社はできるだけ少ない費用に抑えたいということになりますからどちらかというと加害者の味方と考えることができます。

弁護士の場合には、被害者が依頼することになりますから中立の立場というよりは、依頼人に有利になるように交渉してくれる味方となってきますからここで大きな違いが出てきます。もちろん交通事故のすべての交渉を弁護士にお願いした方がよいということではありませんが、慰謝料などがかかわってくるような場合には保険会社に頼るだけではなく他にも方法はあるのだということを知っておきましょう。

弁護士に依頼することでわかりにくい慰謝料も裁判所の判断基準と同じように判断して交渉を行うことになりますから慰謝料の交渉でも適切な金額での交渉を行うことがきます。適切な慰謝料といっても自分で判断することができる人は決して多くなく保険会社で提示されるものをうのみにしていることも多いでしょう。保険会社に任せておけば面倒なことを行わなくてもよいということもありますが、適正な補償を受けるためにはきちんと交渉してくれる人を見つけることは大事なことになります。